Excel中級者

【Good】Excelで値を違うシートに反映させる7つの方法

しんたろ。
この記事はこんな方にオススメ
  • 他のシートと同じような値を手入力している
  • 同じような意味を持つセルの修正に時間を要している

データを管理する上で、極力手入力をする回数は減らすべきです。
もしあなたがシート1とシート2に同じ意味を持つセルを管理しているのであれば、今回の記事はとても役に立つと思います。

セルの意味から詳しく解説しますので、是非御覧ください♪

しんたろ。
しんたろ。
脱サラ目指す会社員
Profile
仕事ができなくて毎日上司に叱責されていた私がExcelを学んだら評価され残業を大幅に削減!現在は職場改善チームに所属し、PythonやRPAなどのツールで会社全体の改善をしています。早期FIREするための副業もしています。あなたの人生も変えたい!ぜひ本ブログをご活用ください。

エクセルのセル入門

Excelの知識

Excelでセルを自動反映させる方法を説明する前に、セルに関する基本的なことを理解しておきましょう。

Excelのワークブック(表計算ソフト)で作業しているとき、1つのセルには数字やテキスト、数式や関数などのデータを最大255文字まで格納することができます。

セルを識別するための列と行の番号である「セル参照」は、データを追跡するために使用されます。例えば、下の画像では、ワークシートの左上のセルはセルA1です。

自動的に反映されるデータについて

反映されるデータ

Excelでワークブックを設定する際、入力したデータを自動的にシートに反映させるように設定することができます。

これは、あるシートに入力したデータが、別のシートにも自動的に反映されることを意味します。

例えば、セルA1に「10」という値を入力すると、もう一方のシートのセルA1の値も「10」と表示されます。

異なるシートにデータを自動的に反映させる方法

Excelで異なるシートにデータを反映させる方法にはいくつかあります。

1.シート参照を使う方法

シート名!セル番地の形式で、別シートのセルを参照することで、異なるシートのデータを反映させることができます。

2.リンク貼り付けを使う方法

別シートのデータを貼り付ける際に、「リンク貼り付け」を選択することで、別シートのデータを反映させることができます。

3.INDEX関数とMATCH関数を使う方法

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせることで、異なるシートからデータを参照し反映させることができます。

>>INDEX関数について詳しい解説を見る

4.VLOOKUP関数を使う方法

VLOOKUP関数を使うことで、異なるシートのデータを参照し反映させることができます。

>>VLOOKUP関数の詳しい解説をみる

5.ピボットテーブルを使う方法

ピボットテーブルを使うことで、異なるシートのデータを集計して集計し、反映させることができます。

>>ピボットテーブルの詳しい解説を見る

6.Power Query を使う方法

Power Query を使うことで、複数のシートやブックからデータを収集し、統合し、反映させることができます。

7.ExcelVBAを使う方法

最後に、マクロを使用して、あるシートから別のシートへのデータのコピープロセスを自動化することができます。

マクロはExcelの強力な機能で、Excelにタスクを実行させるためのプログラムを作成することができます。 あるシートから別のシートへデータをコピーするマクロを作成するには、タスクを実行するためのコードを含むモジュールを作成することから始めることができます。

マクロのために作成するコードは、セルの大規模な範囲または特定のセル範囲にすることができることに注意してください。別記事でExcelVBAについて解説していますので、是非ご参照ください。

>>ExceVBAの詳しい解説を見る

1.シート間でデータをコピーする方法

次のように、「Sheets(“シート名”).Range(“セル範囲”).Value」の形式で、データをコピーします。

2.シート間でデータを移動する方法

「Sheets(“シート名”).Move」の形式で、データを移動します。

3.シート間でデータを参照する方法

「ThisWorkbook.Sheets(“シート名”).Range(“セル範囲”).Value」の形式で、データを参照します。

上記の例は一部で、Excel VBAで異なるシートにデータを反映させる方法です。VBAを使用することで、自動化やスクリプトを作成し、よりスムーズにデータを管理することができますよ。

データを自動的に反映させるメリット

あるシートから別のシートへのデータの自動反映には、多くの利点があります。

最も重要なのは、複数のシートに同じデータを入力する必要がなくなることです。同じデータを何度も入力し直す必要がないため、ミスが減り、作業効率も上がります。

また、データを自動的に反映させることで、複数のシートにまたがるデータの分析や比較も容易になります。最後に、外部データソースを使用する場合にも、ソースでデータが更新されれば両方のシートに反映されるため便利です。

まとめ

Excelでシート間のデータを自動的に反映させるのは便利な機能です。

何度もデータを再入力する必要がなくなり、異なるシート間でのデータの分析や比較も容易になります。

今回の記事にあるようにシート間のデータを自動的に反映させて、Excelのデータを簡単かつ効率的に更新・分析していきましょう!

便利すぎてごめんなさい!

ExcelVBAのコードをLINEbotが自動生成!
↓友だち追加して作業効率化アップさせてね↓

友だち追加
Excel
全会社員を残業地獄から救いたい
本ブログの有効活用方法
1
Concept
初心者に分かりやすい解説

しんたろ。ブログでは「少しでも残業を減らしたい」「時間効率を上げて新しいことにチャレンジしたい」「仕事で評価を上げて年収を上げたい」そんなあなたに向けて私が学んできたノウハウを最短ルートで教えるExcelブログとなっています。

覚えておくべき関数や操作方法を徹底解説!

2
Concept
Excelを最短で
習得する方法を解説

「独学で習得できる気がしない」そんな方に効率よく習得できる記事を書きました。

本や動画を紹介していますが、やはり一番効率の良い習得方法は、講師にわからないことを質問できる『オンラインスクール』です。

3
Concept
Excelが大活躍!
会社員でも不就労所得を作れる。

「会社の収入だけでは不安」そう思い出会った副業がブログでした。書いた記事たちが、あなたが寝ている間もずっと働いてくれます。『不就労』の完成です。

記事を書く際の様々な分析にExcelがとても役立ちます。私は2023年末までにブログで脱サラする予定です!

あなたもブログで脱サラしましょう!

ABOUT ME
しんたろ。
しんたろ。
脱サラ目指す会社員
仕事ができなくて毎日上司に叱責されていた私がExcelを学んだら評価され残業を大幅に削減!現在は職場改善チームに所属し、PythonやRPAなどのツールで会社全体の改善をしています。早期FIREするための副業もしています。あなたの人生も変えたい!ぜひ本ブログをご活用ください。
記事URLをコピーしました